2020年12月22日

Fossil Hybrid HR の通知機能

2年ほど前に買い替えたスマホmoto G5 plus。

それまでは、xperiaばかり使っていて気が付かなかったが、通知ランプ(LED)が無いのよねぇ〜
通知が来たら点滅するヤツ。

なので通知が分かるようにと考えて、まずスマートブレスレットを試したんだわ。安いし1,000〜2,000くらい?

でも私、普段は腕時計を装着してるので、逆の手にブレスレットを付けると言った使い方をしてました。

正直邪魔^^;

まぁ通知は確認出来るし、いいんだが、機能的な面でも不満が出てきて
結局腕時計として使ってもいい感じなWear OS搭載のスマートウォッチに手を出したんですよ。

Tic Watch Eって奴なんだけどね。

これが中々楽しくて、通知は勿論、電話も通話まで出来るスグレモノ!!

ただ安定性がなぁ〜

電話のコールが凄く遅れるとか?

スマホで電話に出ても直ぐに会話が始めれないとか(ペアリングで通話OKにしている弊害)
ちょこちょこ問題が起きて、結局通話は諦め、通知のみで使ってたんだが・・・

最大の不満点がもう一つ。
日光の下では、見えないんだわ画面・・・

手で影を作って見ないと時間確認(通知確認も)見えない・・・
でも室内では視認性最高だったのよ^^

で、気になるデバイスがあったんだよねぇ。

アナログの針が付いて、通知もしてくれるってハイブリッドスマートウォッチっての。

当然Wear OSなんて積んで無いんで、各メーカー独自機能なんだけど、昼間の視認性は抜群だろう!!

でも今ひとつ乗り気になれなかったんだよネェ

デザインとか、通知の感じとか、値段とか。

ってな所で、これが出てきたんだよねぇ〜
IMG_20201222_165251529~01~01.jpg

Fossil Hybrid HR FTW7008

まずデザイン気に入って

E-ink(電子書籍などで使われるディスプレイkindle等)画面なんで電池の持ちがすこぶる良い!!

さらに、日光の元での視認性抜群!

と、何度かポチりかけるとこまでいってたんだが

国内と国外の価格差が酷くて、様子見てたんですよねぇ〜(倍くらい違った)

で最近、海外190ドルだったのが、国内でも21,000円って価格で出たので、ポチりました^^
(ポチったあと海外見たら69ドルとかで売ってたのは見なかった事にした^^;)

さて、タイトル詐欺はこの辺で、本題!

この時計の通知機能。

使用環境
スマホ moto G5 plus
Android 8.1
Bluetooth 4.2

時計 Fossil Hybrid HR FTW7008
ファームウェア DN1.0.2.20r.v5
アプリバージョン 4.6.0
以上な環境での結果です。

まずは
電話
 着信後直ぐに反応。
 バイブレーション連続2回が2回。
 スマホでの応答後&出ずに終了後バイブレーション連続2回。
 通知はそれぞれ一度画面反転し、相手の名前が出ます。
 その後スマホでの応答後は、通知履歴が出ませんが
 出ずに終了後は着信履歴が残り、画面下に通知アリのアイコンが出ます。

Line Twitter Gメール Googleカレンダーの通知
 それぞれすぐ反応。
 各内容は、件名+内容ちょこっとって感じです。
 バイブレーション連続2回。
 返信等は出来ません。
 SMSはどうやら定型文を返せるようですが、試してません^^;

と、こんな感じなのですが電話の着信だけ他の通知と反応が違います。

他の通知はバイブレーション以外にも違いがありまして。
スマホ側で通知を消せば(見て確認した〜とか上からスライドで消去した〜とか)
時計側の通知履歴も消えます。

ただ、電話だけは、スマホ側で消しても、電話を掛け直しても通知履歴が消えません。
履歴を消すには、時計を直接操作しないといけません。

頻繁に電話が来る人は面倒かもですねぇ〜

通知履歴数が通常画面(時計表示)に出ればいいんですが、通知の有り無ししかないので履歴数確認するのは直接操作が必要になります。

因みに履歴消すのに4回押します。
確認は1回押せばわかります。時計画面に戻るのに2回押しますが・・・

とまぁ、こんな感じが通知の反応です。

私が買う前に一番気になっていたのが、時計側の履歴が時計側からしか消すことが出来ないのでは無いか?という事でした。
これが自分では調べきれなかったので、記載することにしました。

同じように感じている人の参考になれば幸いです。

さて使い心地ですが、まだ数時間なんですが、腕時計+1がいい感じ^^

元々デザインは気に入ってたので、機能面でも満足な結果です。

後は、文字盤のデザインを弄って楽しもうかと思います。

ではでは〜
posted by dai at 20:58| Comment(0) | 電子機器